NCISのケイトの姉・レイチェルクランストン役の女優は誰?

NCISのケイトの姉・レイチェルクランストン役の女優は誰?

NCISネイビー犯罪捜査班で、
ケイトの姉として登場する
レイチェル・クランストン役の女優は誰なのでしょうか?

レイチェル・クランストンは、
ケイトが亡くなった後、
かなり時間が経ってから、
ギブスたちNCISメンバーの前に現れます。

NCIS:ケイトの姉レイチェルクランストン役の女優は誰

NCISネイビー犯罪捜査班に、
レイチェル・クランストン
(Rachel Cranston)が登場したのは、
シーズン8 エピソード14でした。

ギブスのチームの精神鑑定をするために
現れます。

NCISレイチェルコラストン画像

彼女が現れた時、
ギブスチームのメンバーは、
レイチェル・クランストンが、
自分たちとどのような関係があるのか
わかりませんでした。

レイチェルは、
NCISのメンバーひとりひとりに
インタビューしていきます。

少しづつ自分の過去を語り出す
ギブスチームのメンバーたち。

レイチェルは、
妹のケイトの死を受け入れられず、
いまだに苦しんでいたのでした。

ケイトが殉死したのは、
シーズン2の最終話。

レイチェルが現れたのは、
シーズン8ですから、
5年以上経っています。

もちろん最愛の人の死は、
簡単に受け入れられるものではありません。

以前沖縄戦で息子さんを失った
女性が話ししていたのですが、
「いまだに何処かで生きているのではないか」
と思っていると言っていました。

これは現実の話ですが、
ドラマの中のレイチェルも、
同じような思いを抱えた人物として
描かれているのでしょう。

エピソードの最後には、
ギブスがケイトの死と
ケイトを殺したアリの死について
レイチェルに語り、
区切りをつけるように促します。

ギブスにとっても、
忘れられない死のひとつはずで、
彼自身も区切りがついているのかは
わからないですね。

レイチェルクランストン役のウェンディマッケナとは誰

レイチェル・クランストン役の
ウェンディ・マッケナ(Wendy Makkena)は、
1958年10月4日に生まれました。

ニューヨーク州マンハッタンの出身です。

8歳からハープを始め、
ジュリアード音楽院でハープを学んでいました。

さらにアメリカンバレエ団にも10年間在籍していました。

バレリーナになりたかったようですが、
負傷したため、
女優へ転向しました。

ウェンディ・マッケナの出演作で有名なのは、
天使にラブソングを・・・です。

この映画でウェンディ・マッケナは、
シスター達の中で一番年の若い
シスター見習いを演じていました。

ウィーピー・ゴールドバーグが演じる
デロリスに最初から興味を持って、
親切にしてあげる
かわいらしい役でした。

ウェンディ・マッケナ画像

天使にラブソングを・・は、
1992年に放映されています。

一方のNCISシーズン8は、
2010年の放送です。

18年経つと、
かわいらしいシスター見習いは、
落ち着いた大人の女に変わっていました。

息の長い俳優さんですね。

ところで、
2015年には、
ケイト役のサーシャ・アレクサンダーが主演の
リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線
ウェンディ・マッケナが1エピソード出演しています。

ウェンディ・マッケナは、
現在も続くNCISに時折
レイシェル・クランストン役で
出演しているので、
ケイトの姉役は継続中です。

NCISで姉妹共演はないですが、
別番組で共演するとは、
おもしろいです。

視聴者はそんなところも楽しんでいるのではないでしょうか。

ケイトカテゴリの最新記事